So-net無料ブログ作成
検索選択

道南、地を着く旅 3/3

旅、最終日。

090926_01.jpg
函館駅の、夜の顔と、朝の顔。

朝の 「金森(赤レンガ)倉庫群」 。
 風はちょっぴり冷たい快晴の中、まだ人はまばら。快適です。
本日は土曜日。これから賑やかになるのでしょうね。
090926_02.jpg
海、赤レンガ倉庫、そして函館山を臨む。

朝ごはんは、この界隈にある 魚屋直営の 【いかいか亭】 へ。
 個別メニューがあるかと思いきや、朝は 「朝定食」 のみ。
大きな期待をせず、「刺身定食」 をオーダー。
すると・・・さすがに北海道!090926_03.jpg
(刺身は、カンパチ、ソイ、シマエビ、サーモン、ホタテ)
なーんと! 前回、網走の旅 で食せなかった、"生" のシマエビが!!♪
 ミソが詰まっており、ウマウマでした。

090926_04.jpg
上から見た朝市と、地上から見る朝市。
今回は母上に、カニを 「買ってくるな」 と言われており、どんな誘惑にも魅惑にも負けません。
しかし、帰宅すると 「なんで買ってこなかったの」 ・・・まぁ、予測通りの反応だったね・・・



函館を出発。特急白鳥 (はくちょう) にて、本州を目指します。

090926_05.jpg 090926_17.jpg
そういえば 函館港 も、横浜港 同様、開港150周年。
 横浜市が騒ぎすぎなのか!? 直前まで気付きませんでした…


090926_06.jpg 車窓からの景色。
 海が!海がっ!!まるでエーゲ海のようです。
 (過言ではない!)

 青函トンネルに入る直前に、アナウンスが入りました。
 「次のトンネルが、青函トンネルとなります」
 そして、またもや轟音…(抜けるのに30分ほどかかります)



3時間と少しかかって、青森県の八戸駅に到着。

090926_07.jpg
 駅に横断幕?も貼られていましたが
  八戸名物といえば

 「せんべい汁」、そして 「いちご煮」。

 食い倒れ最終行程
  これを堪能しに来たのです〜



八戸のすごーいスポット、【八食センター】 へ。
(新幹線の時刻に合わせ、駅←→八食間 100円バスが出ています。タクシーを使うと、その約13倍です)
【八食センター】 には、飲食店をはじめ、魚介類、肉、酒、パン、菓子・・・
 たくさんのお店が入っています。(とにかく一番多いのは魚屋だったかな?)
広い駐車場は、すでに車で満杯。
中には、店内で購入した食材を持ち込み、炭火で炙って
 食べることができるという施設もあるのですが、今回はお店へ。
大人数対応型の観光食堂かと思いきや、料理ひとつひとつがしっかりしていました。

【いちば亭】にて。
090926_08.jpg
「いちご煮」は、潮の香りが効いてて、いい感じ〜♥
アワビ と ウニ(恐らくムラサキ/バフンウニの2種類) が、しっかり入っていました。

090926_09.jpg そして、せんべい汁(小)
  & ウニイクラ小丼 のセット。

 こちらの 「せんべい汁」 は
  2枚の南部せんべいを
 4分割程度にパキパキと鍋に割り入れ
  ぐつぐつ煮ます。



090926_10.jpg
自分は本来、南部せんべいが苦手なのですが (黒胡麻の付いたもの)
 こちらは真っ白なタイプで、煮てしまうと質感も変わります。
"ちくわぶ" などの、モチモチ系が好きな方であれば、間違いなく好きかと。
 鶏出汁で美味しかったです (馬肉Ver.もあります) 。
胃袋は小さい方なのですが (これホント!)、ついつい食べてしまいます。

090926_11.jpg 090926_12.jpg
これはもう〜・・・日本酒を追加注文。
飲みくらべセットは、ALL八戸の酒を。
[陸奥八仙 特別純米無濾過 いさり火]、[富貴 純米大吟醸 鳳瑞]、[八鳩 純米吟醸 無濾過生酒]


そして、八戸駅へと戻り、東北新幹線で東京へと戻ります。
初【はやて】です。仙台から北で 新幹線に乗るのも初めて。

090926_13.jpg090926_14.jpg

北海道は初のひとり旅。
 気楽で、思うがままに行動してきた3日間でした。クセになるぅ〜


その他、旅画像は PhotoBlog へ。


*-*-*-*-*-*-*-*

【八食センター】 でお土産購入した、貝ウニ。(火は通っており、解凍してそのまま食します)

090926_15.jpg
 1コずつ〜。

 母上にしてはめずらしく
  遅い時間にも関わらず、軽〜く
 食べてしまえたほど、ウニぎっしりなのに
  しつこさがなく、美味しかったです。


そして、八戸駅で購入して帰った駅弁たち。
(3つで良いのに、気付いたら4つ買っていた・・・)
090926_16.jpg
(左上)青森いち押し弁当 / (右上)貝焼きホタテめし
(左下)いちご煮めし -うにの炊き込みご飯- / (右下)うにといくらのきらきら丼

ALL吉田屋さん。当日の当日だと、思ったほど品揃えはないようです…。
(某美人議員さんプロデュースのオベントはありました)
タグ:北海道 青森
nice!(9)  コメント(9) 

道南、地を着く旅 2/3

昨晩より、上野駅から寝台車・北斗星に乗り
 函館を目指しています。


前日のアナウンス通り、青函トンネルには ほぼ 5:07 に入り、5:45 に出ました。
 トンネル内は さすが、半端無く轟音が響き渡ります。
北斗星は、新幹線とは違い揺れも大きく、落ち着いては寝らませんでしたが

 トンネルを抜け、車窓から見る北の大地・・・
  ある箇所では キタキツネらが河原で飛び跳ね遊び
 白クマ(なぜ?)は 未知の物体をわしづかみにして食している・・・

・・・そんな夢を見ていました。

本物のトンネルを抜けると、そこはすでに本物の北海道。
 この日の "日の出時間" は 5:17。抜けた頃には、すっかり明るくなっていました。
(※車中からキタキツネやヒグマは見えません)

090925_01.jpg
車掌さんは、6時に起こしにきてくれました。 モーニング紅茶(or コーヒー)が付きます。

定刻 6:34 、函館に着くと 列車の進行方向が変わり
 先頭には、こちらのディーゼル機関車が接続されます(非電区間があるため)。

090925_02.jpg


090925_03.jpg 090925_04.jpg
お見送り。札幌へ行ってらっしゃ〜い!
ちなみに(右)は、青森から函館までを運んだ 専用機関車。

早速、荷物をホテルに預け、朝市での朝ごはん。

090925_05.jpg 【函館ぶっかけ】の大名盛。
自家製いくら、活ホタテ、かに、ししゃも子、甘エビ、生うに
 味噌汁、味噌仕立て塩辛が付きます。塩辛は味も良く軟らかく、翌日お土産購入しました。


そして、朝市を冷やかしつつ、市電に乗り 【立待岬】 へ。

090925_06.jpg

とにかく、どこも当たり前に水が澄んでいて綺麗!
090925_07.jpg

市電は、3回以上乗るならば、一日フリーパスがお得です。
函館に来るのは約6年振りとなりますが、ラッピング電車が増えた気がします。

090925_08.jpg
ハセストのラッピング電車にも出会いました。後ほど伺いますよ〜!

お昼ご飯は、【はこだてビール】 でまったり。
なつかしい〜! 席も前回と一緒かも!

090925_09.jpg 090925_10.jpg

090925_11.jpg ビールお試しセットに付いてくる
 「ソフトドライコーン」。

 フリーズドライのコーンで、甘くてサクサク。

 美味しかったので
  思わず、お土産用も購入。



そして、元町 の 大御所観光巡り をしつつ
 やっとホテルチェックイン時間。もうとにかく眠りに帰ります


・・・の、前に。

ずっと思いを馳せていた、ハセガワストアーの「やきとり弁当」リベンジ。
前回は、名物のこの弁当、満腹 (ビールの呑み過ぎ) で食すことができず。。

090925_12.jpg
すでに有名な話ではありますが、「やきとり」 いいつつ、実は豚肉を使用。
味は、3本のうち 1本を塩、2本をタレ にしました。(秘技 "ミックス" というやつです)

食い道楽ツアー、すでに食い倒れ・・・


そして夕刻、函館山の山頂へ、夜景を見に出かけます。

夕陽から見ようと思い、散策を含め少し早めに出かけたものの
 なまらかわいい子たちと遭遇。

090925_13.jpg
(気付けば、あっちにもこっちにもニャンコ、点呼してみたら、この箇所に11匹はいました)

しゃがみ込んで デレデレ見ているうちに、ロープウェイに乗る頃には
 すっかり夕陽は落ちてしまったようです・・・

090925_14.jpg
ベタですが、夜景。 風がなく寒くもなく、とにかくすごい人の数でした。

夕食は、事前に調べ、予定していた 【蔵や】 さんにお邪魔したのですが
お腹に余裕がなく、で〜っかいホタテと
 カールレイモンのソーセージ を炉端で焼き焼きして、終了。
あ、あとは、ついに北海メニューを逸脱し、おトーフポン酢♥

090925_15.jpg

少し散歩をしつつ、早めの時間に宿へ帰りました。
 ホテルのバーは、団体客で大騒ぎ。入る気になれず。
お風呂にゆっくり浸かって、部屋でまったり過ごしました。

*-*-*-*-*-*-*-*
実は、今回の旅、先日亡くなった 愛猫ルビ も連れて行きました。
(小さなロケットに、しっぽの骨が1本入っています)
 呆れたルビが 「呑み過ぎ食べ過ぎ注意報」 を出してくれたのかも!?
そんなルビ、本日で四十九日を迎えました。
*-*-*-*-*-*-*-*



<最終日へとつづきます>

その他、旅画像は PhotoBlog へ。

090925_16.jpg 昼の顔と、夜の顔。
タグ:北海道
nice!(7)  コメント(7) 

道南、地を着く旅 1/3

道南へ、旅をしてきました。

今回は、"上野発の夜行列車"、コース!

090924_1.jpg

ずっと、やってみたかったのは
 寝台車での北海道旅行、アーンド、北海道ひとり旅。
前々から予定はしていたものの
 ルビの不幸を挟んで以降、気力的に迷っていたところ
友人や家族からも、「だったら、なおさら行ってみれば?」
 ・・・とのコトバに、背中を押してもらいました。

090924_2.jpg 090924_10.jpg
ブルーのトレイン。 う〜・・・カッコいい!♥  準備中の食堂車を覗き込み。

しかし、当初の パック(旅行) において、云々の難があったため
結局は1週間ずらし、すべて自力手配となりました。
 つまりのところ、そこから火が着いちゃって やる気満々なり・・・

090924_3.jpg

勢いで取ってしまったのは、"A個室 ロイヤル"、です。
(なんと、1列車に4室しかないそうです)
室内装備は、ベッド、デスク&チェアー、TV (ひとつの映画を繰り返し上映)、BGM
 シャワー、トイレ、洗面台・・・
終始、部屋から出なくても大丈夫なくらい、設備が整っています。

090924_4.jpg
ウェルカムドリンク、"北斗星" ロゴ入りアメニティつき (緑色のはカードキー)。
 ゆかたも「JR」柄!


食堂車 【グランシャリオ】 での夕食です。
 なんとまぁ、ひとりはわたしひとり!
フレンチ と 和食(懐石) がありますが、自分は後者にしました。

090924_5.jpg

うーん、贅沢なひととき・・・
その場で作っている訳ではないので 和食にしてみましたが
 せっかくの機会だったので、フレンチにしても良かったかな??

090924_6.jpg 090924_7.jpg
この他、お椀 と 甘味、お茶 がつきます。

部屋に付いているシャワー室。

090924_8.jpg
(画像左)全てをしまうデフォルト状態でシャワー用
(画像中)洗面台を引き出した状態
(画像右)トイレを引き出した状態

・・・こんな感じで使用します。

予約制のディナータイムが終了すると、次は誰もが入れるパブタイムへと突入。
(ちゃんとしたお食事もできます)
こちらも ちょっと覗いてみたかったのですが、がっつぃりお食事とビール2杯で満腹。
 シャワーを浴びたらどっと疲れが出、部屋でまったりと過ごしました。

090924_9.jpg

青函トンネルへは、翌朝 5:07 に入る予定。それまでは本州ひた走り。

そんなこんなで、列車は上へと走り続けます。
<つづく>

その他旅画像は、PhotoBlog へ。
タグ:北斗星
nice!(6)  コメント(6) 

秋を待つ日

シルバーウィークなるものも、あっという間に後半。
 本日は、ドライブがてら 昭和記念公園 に行ってきました。


ずっと行ってみたいと思いつつ、やっと機会があり 初上陸。
 そこそこ渋滞の洗礼を浴びつつ、お昼ちょい過ぎに到着。
秋分でありつつも、昼間はまだまだ夏の名残りアリ。

090922_1.jpg

これからの見どころは、コスモス。
しかし今はまだ、咲いているところで2〜3部咲き
 一番遅いところでは、まだまだ苗?状態でした。

090922_2.jpg
後方に見える "わらわら" は、人々です。

090922_3.jpg
道中には、どんぐりと銀杏が、たわわに実っておりました。


そして、ここからすぐ近所にある、【阿豆佐味 (あずさみ) 天神社】 へ。
目的は、その中にある 【蚕影 (こかげ) 神社】。
 別名 【猫返し神社】。
個人的にはある意味、公園よりもこちらがメイン。
(ご利益:病気平癒、文学・美術上達、安産、猫返し)

090922_5.jpg
蚕影神社前に鎮座するコマ猫ちゃん。

こちらの神社では
 かつて この界隈で養蚕が盛んに行われていた頃、その蚕に
害を与えていたネズミを捕まえてくれた '猫' を守り神としているそうです。
行方不明になったニャンコがいれば
 この神社にお願いすると無事帰宅すると云われているそうな。
たくさんの ネコ絵馬 が掲げられていました。

090922_6.jpg
絵馬は三毛猫ちゃん。お守りは白猫ちゃん。

090922_7.jpg
ペットお守り、いろいろ思うところ、アリ。


*-*-*-*-*-*-*-*

9月14日の夜空。
肉眼で、とても月が大きく見えた日です。

090922_8.jpg

nice!(8)  コメント(4) 

hi! society

日常を忘れ自分カラーを忘れ、貴重な体験をしてまいりました。
 表参道にある
【BVLGARI IL CAFE(ブルガリ イル カフェ) でのお食事会です。

@女子会。

090920_1.jpg

今回は、全てお任せ〜、お店も 「当日までのお楽しみ」 状態でした。
こちらは、飽くまでも 「カフェ」 ということで、ドレスコードもなく
 気軽に(!?)お食事を楽しめるところなのだそうです。
あちこちキョロキョロ・・・ブランドもんは、全く未知の世界なもので・・・

090920_2.jpg090920_3.jpg
アペリティフ、前菜盛り合わせ、1皿目(リゾット or パスタ)
 メイン(魚 or 肉)、そして デザート&ソフトドリンク のコースです。
(パンは 「食べ放題」…いや、「おかわり可能」 といった感じ)

090920_4.jpg
(左)サフランを練りこんだトンナレッリ 魚介とプチトマトのソース
(右)真鯛のアクアパッツァ


とにかく、すべて 「盛り」 がオシャレ。
そしてさらに、ひと皿ひと皿がゆっくり出てくるので
 お喋りのおかずで満腹感も増してゆきます。

デザートでおもしろかったのは、友人が選んだ アフォガート。
運ばれてきたのは、球体ごろり。
チョコレートの殻に 熱々エスプレッソ を掛けると、アイスが出てきます。

090920_5.jpg
席が遠かったので、友人撮影

この日は、友人のお誕生会でした。

090920_6.jpg

いやはや、なんともステキなお店でのお祝い会となりました。
 美味しかった & 楽しかった、です。


*-*-*-*-*-*-*-*

いただきもの!

同じく、so-net blog の hi-ragiさん より
 キリ番プレゼントで、ニャンコがウハウハになるグッズたちをいただきました。

090920_7.jpg

090920_8.jpg090920_9.jpg

全て、感動の総手作り、ココロも大喜び。
(カレンダー立ても、お父上様の手作りだとか!)
双子のネズミちゃんは・・・案の定 「ガブガブ・・・」。
 結局は、勿体ないので、殆どが棚の中に飾られています(^ ^;

ステキなプレゼント、どうもありがとうございました!
nice!(6)  コメント(2)