So-net無料ブログ作成

秋の遠足_1

11月半ば、暖かい昼下がりの一日。

ソネブロの 土芽さんニッキーさん ご夫妻と
 プチ湘南巡りをしてきました。


今回はわいが運転手&ナビゲーターやでぇ!♪ ヘ(`∀´ヘ)
(ひ弱エンジンかつ狭い車内で申し訳ないデス・・・)

131128_1.jpg

まずは、鎌倉の浄妙寺へ。雲ひとつないよい天気♪

浄妙寺は、なんだかんだいって、実はニャンコが主目的です^^
 日陰でたたずんでいた茶トラさんは 「初めまして」 かしら?

久しぶりのももちゃん(桃太郎くん)に遭遇!
・・・が、余すところなく爆睡中・・・^^;

131128_2.jpg自由だなぁ…

お寺だけに和風な佇まいですが
 少し上ると、一挙に欧風の世界となります。
浄妙寺敷地内にある、おされーなイングリッシュガーデンのレストラン。
バラは見られないと思っていたのですが、この時季咲く品種もあるのですね〜

131128_3.jpg

そして、ここで、おされーなカフェ的なものを味わいます。
 季節相応の気候に戻り、暖かい日だったのでテラス席を。
すでに陽は当たっていませんでしたが、心地よい気温でした。

131128_4.jpg
スコーンが美味しい♪


英国庭園を下れば、あっという間に気分もまた和風へと戻ります。

131128_5.jpg

そろそろ陽も沈みかけ。
 この日のすばらしき晴天に期待し、海沿いの夕陽を狙っていました。

あ・・・ももちゃんが移動している・・・

131128_6.jpg

そこでも変わらずの熟睡状態。
 今日はおネムの一日だったようです。午前中忙しかったのかな?


鎌倉を抜け、江ノ島・茅ヶ崎方面へ向かいます。
 わかっちゃいたけれど、・・・渋滞・・・
その先を曲がれば、海沿いの道に出ます。

131128_7.jpg
 この先のヒカリはきっと・・・!!

・・・と美しい日没景色への期待に胸を膨らませていた面々。


131128_8.jpg
・・・ちーん・・・

地平線は雲の層となっており、夕陽はすでに雲隠れ・・・
 どんなに晴れていても、沈む頃って必ずといっていいほど
太陽回りに雲が集まる気がする・・・(富士山も・・・)
 雲ひとつ無い晴天・・・。
しかし、そこまではうまく行かなかったようです。残念でした(u_u*


そして、そのまま、サクっと江ノ島ネコ詣でをし・・・

131128_9.jpg


このあとは、メインイベントになります♪(*´∀`*)
(つづく)
nice!(23)  コメント(16) 

冷えてきました

今では毎年恒例となっている、企業展示会への出展。

131124_4.jpg

今回も2日間、行ってまいりました。
 初日は悪天候ゆえか人足も少なく、その分、最終日は結構な賑わいに。

乾燥した会場にまる2日間、そして緊張の糸などもろもろ弛み
(初日後の打ち上げも〜…)
最終日の帰宅後には、すっかり風邪気味のお土産付き(X_X)

ちょうど、翌日にはインフルエンザワクチン接種予定だったため
ワクチンに加え、早めの風邪薬・・・予防線張っておきましたが・・・。
(基本、ワクチンはニャンズだけで充分と思っています)

みなさまも、お風邪など召しませぬ様、どうぞご自愛くださいませ。


そんな、11月半ばの肌寒い日、リビングの床暖房を解禁しました。

131124_1.jpg

甘えん坊ちゃーは、ココロのいるクッションへ割り込み。
(ヒトの手は加わっておりません)

131124_2.jpg

もちろん、マーロもぬくぬく温まっておりました。
 家ネコは幸せですよね。


そして、ちゃーは基本、わたしに張り付いています。
 抱っこをすれば、脱力して身を任せ、くたくたねこになります。
入浴前は、キャーキャー言って風呂場まで追いかけてきます。
 わたしの膝は当然のように自分の場所と思っているようです。
  作業もままならず・・・(嬉しい悲鳴?)

131124_3.jpg


*-*-*-*-*-*-*-*

まだ暑さの残る、9月初旬の通勤電車(朝)でのこと。

自分はピークを超えてからの乗車ですが、通勤混雑でそこそこ有名な路線。
 ドア脇に立つことも多いのですが
そういう時、たまに、やたら密着してくる人がいるのです。("痴" 系ではなく)
(この時はまだ、さほどの混雑ではない)
後から来て、席の端にある手すりに絡み付いてくるので
 ドア脇に立つ者との密着度ハンパなし。これが気持ち悪くて大嫌い!
しかもこういうのに限って、ケータイ(スマホ)をずっといじくっており
 他人の背中にそれを当ててくる。20〜30代頃合いの女性に多い気がする…-_"-

この日もそんな状態だったのですが
 なんだか背中に 「引っかかる感」 を感じつつ・・・
目的駅で降りる時、背中側をかばうように確認しようかと思ったその時
「ブチッ!(ビリッ!)」
恐らく、"誰か" の抱えていたバッグのバックルのような物が引っかかり
 それを無理に引っ張られ、薄手ニットカーディガンの背中を破られた。。

背後で 「こいつだな」 というのは何となく分かったのですが
 溢れ出る主要降車駅。混雑で断定できる状態でもなく、泣き寝入り。
本人は、絶対分かっていたと思う・・・逃 げ た な "-_-"

とはいえ、こういう時は、分かっていても
とっさに 「ちょと待ちなさいよ!」 なんてなかなか言えるもんじゃない。。
引っ掛かる & 引っ掛ける もお互いにあることですが、破られたのは初めて。

まずは自力で修理してみようと思ったのですが
 編み物レベルの解けっぷりを見た瞬間に諦め。編み物苦手だし〜…
その後、ネットで見つけた、かけはぎ直し業者に見積を立ててみたところ
 穴は直径2cm程度ですが、修理は段階で3〜4千円かかるとのこと・・・
近所にあるチェーン系の直し屋では、破格ですが修繕跡が目立って残るという。
 前者を信じて直すことにしました。使い勝手の良い服ですから・・・

そして、戻って来てびっくり。ゴッドハンド!
 それでもケチって "中間修理" にしたのですが、継ぎ目は殆ど分からない。
この業者選択は大正解でした・・・しかし、イラヌ出費だったぜ・・・。

ちょっとした 「引っ掛け物」 が付いている物質をお持ちの方は
 柔らかそうな着衣の人には寄りかけないことをおススメします!( ̄O ̄)ノ
nice!(23)  コメント(13) 

秋色駿河湾

11月に入ると、ちゃーワクチンの時期。

ニャンズの掛かり付け病院は、それほど遠くもないのですが
 旧宅と比べると、ビミョーな距離があります。
いつ行くか、いつ行くか・・・ 「今日」 しかない。

ちゃーをキャリーケージに詰め込むと
 キャーキャー鳴いて、頭突きをする始末-_-;
心配性の母が 「一緒に着いてく」 と、同行することに。
(心配 = ケージ壊して逃げ出す → 行方不明とか事故とか…)

ちゃーはいつも、病院に連れて行きキャリーケージから出すと
 助けを求めてわたしにべったり張り付き、よじ上ります。
獣医さんに 「甘えん坊だ」 と笑われてしまいました。

131120_1.jpg

【MEMO】 11/3 ちゃー体重: 4.78kg

次は来月のマーロか・・・


この日は、一旦家に戻ってちゃーを置いてから母を拾い
 それから親父さんの施設へ様子を見に行く予定だったのですが
ここまで来たらとそのまま向かい、ちゃーには少し車内待機してもらいました。

この日は、(前日とウラハラに) 行楽日和と聞いていました。
 せっかく出たのでどこか行く?・・・なんて話しつつ
一旦ちゃーを家に届けたあと、近所ランチをとりながら考え
 そのままの足で、沼津へ夕食を食べに行くことにしました。

道中、足柄SAにて。
 ふと見れば、富士山さんコンニチワ。

131120_2.jpg

やや雲がかっていましたが、この午後の時間帯でも見えるということは
 午前中は雲が無く、もっとハッキリ見えたのかもしれません。
そろそろ、上から雪の脈が張り出しているのが分かります^^


まだ明るいうちに沼津港到着!

131120_3.jpg

前回は1年前、掛川からの帰り道中だったので暗くなってからでしたが
 この頃だと、まだどこも賑わいをみせていました。

夕食は、前回と同じお店にて。

131120_4.jpg

前日も食べまくりだったため、満腹感が続いており
 ここでは軽くにしました。

131120_5.jpg

母は、金目鯛のかぶと煮を。でかい!
(ただし、身はそれほどないみたいです)

131120_6.jpg

そして、「潮かつお」 なるものも頼んでみました。
 確か、カツオを甘酢につけてあるそうで、甘酸っぱくて爽やかです。
酒に合う!!・・・とまでは言いませんが・・・美味しかったです。

三連休真ん中。
 当然渋滞はつきもので、表示板には 「渋滞40キロ」 の文字が…ひ〜〜!
とはいえ、少しずつでも進んでおり、通常+αくらいの時間で帰れました。
 それでも、子どもたちのご飯時間は3時間半オーバー・・・ゴメン^^;


もしかしたら、今年初の関東脱出かしら。(社員旅行を除く)
 今年は大きな買物もしたことだし、かなり旅節制しました。
たまには遠くに行きたいです。。来年は・・・!


*-*-*-*-*-*-*-*

運転手ゆえ、呑めませんので
 前回と同じく、ベアードビールのお持ち帰りをしました。
(お持ち帰りは 【馬車道タップルーム】 でも可能だそうです)

131120_7.jpg

季節限定
・フォールフェストラガー(メルツェン)
・お坊さんエール2013(ベルジャン)
・ジョイ・デ・ビブラ ゴールデンエール
・ポップフェスト コラボレーションエール
 (志賀高原ビールとのコラボレーションエール)

季節限定モノゆえか、ラベルは共通のものであった・・・


そして、ひとつだけ違うラベルのビールは
 沼津港界隈のお土産屋さんで見つけた地ビール。

・セールタウンNUMAZUビール
(チェコタイプのピルスナー)

しばらく楽しめそうです^^

nice!(24)  コメント(15) 

ルークは星になった

兄家のネコ一家の大黒柱である、ルークマ (ルーク) が
 14日から15日に変わる頃、お星様になりました。


131116_1.jpg

(彼のことは、過去に一度だけ記事にしたことがあります ⇒コチラ

兄家のネコ王国第一号でもあり
 ずっと スコ* を飼うのが夢で(…だったよね?)
そのために、ペット可のマンションへ引っ越し、今に至ります。
いわくつき(笑)のルークに一目惚れ。何か共に惹かれるものがあったようです^^
(*スコ = スコティッシュフォールド)

131116_2.jpg

見た目はかわいい天使・・・がしかし
 わたしと母にとっては 「恐怖の白熊」 ちゃんでした^^;

病院帰りなどで我が家に立ち寄るのですが
 特に母は気配を消します、怖いから(笑)
(以前、台所前を包囲され閉じ込められた恐怖体験もあり、怯えっぷりも半端ないです^^;)

甲高い声でヒトに襲いかかるルークマ・・・
 しかしそれだけ 「恐がり」 で気の小さい子だったのだろうな〜と思います。
ダラダラ流血事件もあったんだぜぇ〜(兄には話してないですが〜)
 様々な恐怖体験が思い出されます・・・恐怖だけかよっ!^^;
  いやいや・・・わたしにとってはかわいい甥っ子です。

兄家には、ルークのあとに、"レイア" という女の子のスコが来ました。
 その頃から、「ネコには尻に敷かれるタイプ」 がめきめきと芽を出し始め
そして子どもが5ニャン生まれ大家族となりました。

兄家以外のヒトには大警戒のルークでしたが
 ネコには優しく、面倒見の良いパパだったそうです。
もちろん、その後に来た ばくちゃん にもとても優しかったそうです。

ルークは2002年02月生まれ。あっという間の11年。もう少しで12歳。
 まだまだ!と思う反面、獣医さんには
スコでこれだけ病気もせずこられたのは奇跡!などと言われたこともあったそうです。
 徐々に弱ってきたとのことで、話を聞くと
最期の約一週間は、我が家の先代のルビとそっくりでした。
(ただし、腎臓値は悪くなかったそうです)
原因は分かりません。個人的には大往生・・・だったのかなと思うのですが。
 病気で苦しむことが無かったこと
  そして、旅立ちを二人に見送ってもらえたのが救いです。
でも・・・あのルークがいっちゃうなんて、信じられない。


短毛なので毛玉もできず、病気もしなかったので
 我が家に寄ることもあまりありませんでしたが (ワクチンくらい)
なんとまぁ、みんなを引きつける濃い猫生であったことか。
お星様になっても、変わらずにゃんこ王国を見守ってくれることでしょう。


131116_3.jpg
(13日、兄からのメール原文ママ)
「こんな時にもトイレには力をふりしぼって行くのが猫ってエライ。
 背中の天使の羽根は健在だよ」


131116_4.jpg
15日、久々にきれいな夕焼けが見られました。
(・・・あっ、わたしは病欠のため在宅でした^^;)


17日、ペット葬儀予定です。
しかし、今年いっぺんにばくちゃんとふたりも連れて行くなんて・・・
nice!(17)  コメント(17) 

小雨の南下

2013年度にしてまだ二回目の、南下ドライブをしてきました。

頻繁に通っていた時期もありましたが
 今年は諸々あり、気になりつつもなかなか行けませんでした。
1月 に母上を出し抜き1回、いつも一緒に行っている友人とは今年初となります。

前回1月と同様の食堂でお昼をいただきました。
 あとあと過去記事を見返せば・・・同じものを頼んでいたようだ。

131112_1.jpg
(しかし今回はビールアリ)


そして、ニャンズらへのご挨拶回り。

到着後には、ドアを開けたまま
 車内で荷物をまとめていました。

な〜んとなく、横から目線を感じたので、外へ目をやると・・・

131112_2.jpg「まだ降りないの?」

しびれを切らした面々が覗きに来ていました。
 うぅ・・・かわいすぎるぞ♥
(慌てて撮ったのでピントがドアに行ってしまった・・・)
ちなみに、彼らは他の人々にはこんなことしませんよ〜(* ̄o ̄*)

131112_3.jpg「いらっしゃい」

この日の天候は、午後から曇り続きと聞いていたにもかかわらず
 目的地へ近付くに釣れ、雨がパラパラと・・・
必要ないとは思いつつ持って来た傘が役立ってしまうとは・・・


131112_4.jpg

いつもの面々に安心し、そしてまた見知らぬ子が・・・う〜ん・・・


そして今回、一番嬉しかったこと。
 遠目から、先っちょだけ見える三角耳に見覚えが。
もう何度来ても顔を見ておらず、諦めかけていた子との再会でした。
 我々とはこの場所一番の古い顔なじみで
白ボスちゃん同様、ここの広い敷地全体を歩ける広報部長さんです。

131112_5.jpg

お口が痛そうだったり、トラブルも多々あった子ですが
 この日の元気そうなこと!
ご機嫌で、いつものように案内してくれました。
 しかも、我々がいつも回るコースの順番どおり。
  ちゃんと覚えていてくれたんだね〜♪

彼は、一度は 「お家の子」 として迎え入れられた過去があるのですが
 本ニャンの達ての希望により、ここに戻されました。
過酷とは思うのですが、この場所が
 彼自身にとっても "終の住処" 思っているようです。
何より、我々には、彼がここにいることが心から嬉しそうで
 日々気ままに満喫しているように見えるのです。
"安全" と "楽" だけが全て、じゃないのかもしれません。
・・・そればっかりは理解できないけれど・・・

また来るからね。元気でいてね。


*-*-*-*-*-*-*-*

先日、クッションを購入しました。
 これは・・・「高反発」?というのでしょうか。
手触りが良く軟らかく、フワフワマシュマロのようです。

な〜んとなくリビングに置いていたところ
 数日後にココロが乗っていました。

131112_6.jpg

そしてさらにその数日後
 気持ち良さそうに乗るココロを見ていたちゃーが
真似をして乗り始めました。
(※ちなみに、マーロは乗りません)

131112_7.jpg


ふたりとも、気に入ったんだね・・・
 自分の部屋に持って行こうと思っていたんだけどなぁ・・・。

131112_8.jpg

ダメ・・・?だよねぇ・・・
nice!(23)  コメント(9)