So-net無料ブログ作成

3年と21年

2代ニャンズのお墓参りをしてきました。

120818_1.jpg
強い日差しがあるのに、お墓参りの時だけなぜか大粒の雨がポツポツ…
 お参りを終えると上がりました。…な、なんだっ? ( ̄∀ ̄;)))(((; ̄∀ ̄) だれだっ!?


我が家の3代目 ルビ は、今月8日で 3回忌
 2代目 ロッキー は、今月20日で 21回忌 になります。
初代 タマちゃん は、塔婆はありませんが約30年…です。
 毎年、早い早いと申しておりますが、今回もやはり早かったです…

120818_2.jpg

以前、"HTMLタグ" というものの仕組みがどういうものか気になり
 独学で "HPモドキ" を作ってみたことがあります (ド素人レベルですけどね…)
下記は、その時に初めてルビのことを紹介した1コマです。

(記載日:2003/01/24)
120818_4.jpg その日たまたま覗いた東急ハンズ町田店。
(当時は屋上にペットコーナーがあり、プレーリードックやヤギなどのいる「小動物園」という感じでした。ねこたまで有名な、オス三毛猫のフクちゃんもここに居ました)
そこの里親募集のガラスばりの中に、ルビは居ました。まだまだちびっちゃくて虫みたいだったのですが、その姿を見た瞬間にひと目惚れし、あっという間に時は流れ現在に至ります。ただひとつだけ心残りなのは、オスメスの兄妹で寄り添って眠っていたのを、一匹だけ連れて行ってしまったこと…後々思えば、二匹一緒に引き取ればよかった。ルビとおんなじ顔をしたおとこのこ、今頃どうしているかなぁ…
(上記写真は '92.11 撮影)

この写真、実は寝転んでいる親父さんの脇の間に埋まって寝ています。
(…懐いた記憶は、後にも先にもここだけ…-_-;)
思えばふたりとも、まだ若かったなあ・・・
それから・・・120818_7.gif・・・こーんなものも作っていました・・・
(何のことかは、敢えて言いませぬ…-_-;;)



         認めたくないものだな
   \自分自身の若さゆえの過ちというものを…/

120818_3.jpg


*-*-*-*-*-*-*-*

せっかくなので、年一回の想い出浸り・・・

【1代目・タマは東京っ子。】
タマちゃんは、祖父命日の法事で行ったお寺のお隣のお宅でもらいました。
 玄関扉にあった 「猫差し上げます」 の張り紙が目に入り
確か、親父さんが 「帰りにちょっと見せてもらおうか」・・・なんて
 今となっては、なぜ見ようと言い出したのか・・・
ネコを飼うなんて思いもしなかったはずですから、何かの縁だったのでしょう。

すでに仔猫ではありませんでしたが
 一番の美ネコだった、確か…末っ子の 「タマ」ちゃん をもらいました。
膝に抱っこをしながら、車で帰ったのを覚えています。
 人見知りのない、人懐っこい甘えん坊ちゃんでした。

しかし、タマちゃんは一軒家でのびのび暮らしていた子ですから
 もしかしたら外にも自由に行き来し遊んでいたのかもしれません。
この時があってこその今ですが、ニャンコの飼養も初めてでしたし
 我が家に連れてきたことで
元々あるべきだった、幸せな猫生を奪ってしまったこと…
 幼いながらにも後悔の念が心に染み付いたまま、今に至っているのです。。

それでも、わたしと友人らと、近所のお散歩にはよく連れ出していました^^
リードもハーネスも無く、マンガ雑誌付録の紙袋にちょこんと入って顔出して…いい子だったなぁ^^;
高い木に登って降りられなくなって、同級生の男子が心配して助けてくれたり…いろいろ思い出されます…



【2代目・ロッキーは、わたしのおとうさん。】
タマちゃんが虹の橋を渡ってから約1年後
 以前タマの件でお世話になった動物病院でもらいました。
 (幼心、兄と企んで両親に 「ちょっと見るだけ〜」 と騙した記憶が…^^;)
そこには、幼い "雉トラ" のロッキーと
 兄弟と思われる黒ちゃんが一緒のケージに入っていました。
向こうにも、何か伝わるのでしょうか。
 黒ちゃんは、ケージの柵をよじ上ったりして、一所懸命アピールをしますが
結局は、アピールもせずボーっとしていたロッキーをもらうことになりました。

ロッキーは、大暴れしたという記憶がないくらいもの静かだった印象です。
 これは母も覚えており、今でも話に出ることなのですが
いつもわたしが見える位置に佇み、まるで 「おとうさん」 のような存在でした。
 家族と一緒に、花見や緑地へのお散歩など…よく車でのお出かけもしました。
ロッキーには・・・いろいろ教わりました。
 そして、病院の選び方ひとつで命の長さが決まることも思い知らされました。。
(しかし母より、「ネコはこれで最後」 ということになっていました)


そして、3代目ルビは・・・
 幼い頃は相当のやんちゃっ子で (母は記憶に無いそうだ…) 家中を駆け回り
ネコってこんな!?…と思っていたくらいなのですが
 今いる 【酷い3つ】 を思えば・・・全くもってかわいいものでした-_-;
4代目以降、段階的にパワーアップ中・・・
(一気に壁と床が傷だらけにされたのも、ブラインドがぶっ壊されたのも4代目以降…

120818_6.jpg
マーを走らせて遊んでいる最中(疲れてぶっ倒れていますが…)
 おもちゃ目当てに潜り込んだちゃー。当然踏みつぶされます。


しかしまぁとにかく、この3ニャンには
 思い余すことなく幸せに暮らしてほしいと全力模索奮闘中です。
 (すでに体調要注意者が2名おりますが…)


*-*-*-*-*-*-*-*

話は墓参り日のことに戻り・・・
 すでに1週間前のこととなりますが、お昼ご飯は
毎年恒例となってしまった、母BD "先" 祝いとしてのご招待です・・・

120818_5.jpg
自分は、さわらの西京焼の膳。脂ノリノリのため、少量で満足です。
 酒が旨そうだったぜ〜!!(ハンドルキープ中…)


事前に、いい感じの和食屋さん(小料理屋?)を見つけまして
 さすが入店前から列があり、予約席も含め、すぐに満席になっていました。
とはいえ、今回のは松花弁当も含め、ちと揚げ物感が強すぎる…-_-;
タグ:料理
nice!(18)  コメント(10) 

nice! 18

コメント 10

こいちゃん

<強い日差しがあるのに、お墓参りの時だけなぜか大粒の雨がポツポツ…お参りを終えると上がりました。…な、なんだっ? <( ̄∀ ̄;)))(((; ̄∀ ̄) >だれだっ!?>ってあなたでしょ(笑)雨女なのねぇそれも局所的な。。ヒトの迷惑にはならないようですね(爆

やっぱり後になるほどパワーアップしたニャンが来るんですねぇ・・・
私も子供の時から色々飼いましたけど、みなおとなしかった記憶が。
なんであやつだけあんなにわるそなんでしょう。。。まぁ大家にくぎ刺されて3匹目は無理ですが。
みんな、お墓詣りしてくれて喜んでるでしょうね


by こいちゃん (2012-08-18 08:22) 

のらん

歴代の猫さまたち、みんなお空から見下ろしているんでしょうかね?
私も、子供の頃から、姉と一緒にすぐに犬・猫を拾っちゃうタイプだったので、歴代猫を数えたら10匹ぐらいはいるかなぁ。
猫が手元にやってくるのは、この世の縁としか思えないですね(^-^)
by のらん (2012-08-18 16:05) 

Ja-Kou66

>こいちゃんさん
いやいやいやいや…
ワタシ、「スーパー晴れ女(自称)」ですよ!?( ̄∀ ̄;;
あ、でも幼少時代から、快く思っていない行事の場合には
雨が降ることもありました………えぇっ!?(笑)
ニャンコは…なんなのでしょうかね。
「今どきのネコってやつぁ…」って感じなのでしょうかね。
しかしまぁ、手がかかる子ほど燃えるのでは?(笑)
あらまー3匹目はダメなんですか?
きっとラピ坊、いいお兄ちゃんになりますよ〜^^


>のらんさん
見下ろされているでしょうね〜^^
(今の現役の面々からも見下されている気が…)
のらんさんは、拾ってもお家で面倒見て来られたのですね。
素敵です。理解のあるご家族だったのでしょうか〜*^^*
我が家は、大昔の雨の日に(確か兄が)拾ってきた乳飲み子ニャンコ
晴れたら戻してきなさいと言われ、結局外でそのままお亡くなりに…
そのことには母も「あの頃は分かってなかった…」と反省しています。
全ての出会いは縁なのでしょうね〜縁を粗末にしちゃイカンのだ!!ー3
by Ja-Kou66 (2012-08-19 00:34) 

兎猫

<( ̄∀ ̄;)))(((; ̄∀ ̄) >だれだっ!?  ・・・って、涙雨?
きっと「逢いに来てくれてありがとにゃ」って、想いを伝えてくれたんですよぉ~?
なにを疑う事、ありますか?(キッパリ!)
こーんなもの  ・・・あるこーるらんぷ?(笑)
ウチにもありましたョ、ホワイトベースに戦艦ヤマトも♪
カティサークやQEとかバイキングシップまで・・・一通り作りましたww
夜な夜な墨汁臭いかシンナー臭くなってるヘンな子でした(自爆)

兄弟ね~・・・ぷ~もなんで他の兄弟目に入らなかったのか?
先代は最後に残った1にゃんだったけど、ぷ~は5にゃん、みんな柄が違ってた・・・
可愛い子たちだったし、1も2も3も・・・構わなかったんだけど、
なんでだろう?やっぱりそういう縁だったのかなぁ?
あれから8年半、みんなどうしているかな~って、たまに思います。
by 兎猫 (2012-08-19 01:08) 

Ja-Kou66

>兎猫さん
てっきり「悲しい涙雨」しか思いつきませんでしたが…
「ありがとにゃ〜」…なら、浮かばれます…(*´艸`*)
…エヘヘ…あるこーるらんぷです♡(燃え過ぎって噂も…)
ほー…すごいな、本格的じゃないですか。
ちなみにこの、赤くて三倍速いやつは、ポッキーのオマケです(笑)
以前、勢い勇んでプラモと塗料一式を購入したことありましたが…
即・挫折…。白いボディー(車)を
赤く塗り替えようと思ったのがそもそもの間違いでした( ̄× ̄;
ぷ〜ちゃん、兄弟と一緒に過ごしていたらどうなっていたでしょうね。
また全然、違う性格になっていたかもしれませんね^^
(それでも皆「乗せ芸」は得意技になっていることでしょう〜笑)
今、その後が気になっているのは、ココロの兄ちゃんたちです。
by Ja-Kou66 (2012-08-20 00:59) 

市丸

私も殿に出会った時、殿は2カ月くらいだったと思いますが
ケージの中にはもう一頭、1歳は過ぎているであろう
茶トラさんがいました。
私は多頭飼いをしたことがないし、殿の可愛さに心を奪われていて
その茶トラさんが親兄弟なのかも聞かないまま
殿だけをもらってきました。
あの茶トラさんはどうなったんだろう‥と時々思います。

アルコールランプ・・気になる〜w
by 市丸 (2012-08-21 13:48) 

土芽

不思議なこともあるものですねぇ。
幸せな猫生を送って、そのうえお墓参りまでしてもらっての
嬉涙だと私も思います。
猫さんはきっと環境が変わっても大切にしてもらえれば
その環境での猫生を幸せに満喫すると思います。
忘れずに来てくれて、嬉しくて、目から汗だとごまかすように
強い日差しの中の大粒の涙、思いは時に具現化するのかも。
by 土芽 (2012-08-21 21:18) 

Ja-Kou66

>市丸さん
市丸さんも、殿への一目惚れですね・・・*^^*
多頭っていう概念がなければ、まず「おまとめ」はないでしょうからね。
わたしも、ルビを衝動買い(笑)する時、な~んにも
情報を聞かなかったことを後悔しています…
せめて生まれた日だけでも聞くべきであった…(>_<)
殿と一緒にいた茶トラさんもきっと
殿同様、幸せに暮らしているでしょう^^
…アルコールランプ。なんでしょうねぇ。。<(* ̄3 ̄*)>−3


>土芽さん
ホントに、ひとり目の塔婆を触るあたりから
ふたり目へのご挨拶が終わるまでの時だけでした^^
嬉しいお言葉、ありがとうございます。
初代は、充分に甘えることもできず
我が家で僅かな間しか生きられなかったので、心残りがあります。。
他者への想いが目からの汗(笑)として具現化するのも
空が繋がっている証拠なのでしょうかね〜*^^*
by Ja-Kou66 (2012-08-21 23:23) 

sig

ねこちゃんたち、きっとよろこんでいることでしょう。
うちは物静かな子しか経験がないので、元気がよすぎる子は手に余るかもしれません。
by sig (2012-08-21 23:33) 

Ja-Kou66

>sigさん
ありがとうございます。
我が家でも以前は「ネコはじっと座っているもの」…でした^^;
とはいえ、弾丸と言われてたココロもだいぶ落ち着きましたから
そのうち皆、おもしろくないくらいに動じなくなる時がくるかも…
by Ja-Kou66 (2012-08-22 23:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。