So-net無料ブログ作成

ばくちゃんのこと

甥っ子ニャンコ、ばくちゃんのこと。

130712_1.jpg
 2013.1.1_我が家(旧宅)での合宿中のひとコマ
 ・・・ソーラー充電中・・・


11日の夜9時前、兄の腕に抱かれながら、ねこの天国に旅立ちました。


ここのところ状態が悪く、毎日の通院が続いていたそうです。
 腫瘍の方は小さく維持できていたそうなのですが
抵抗力が落ちている影響もあってか
 中でも厄介な "FIP"(猫伝染性腹膜炎)を発症。
(諸々キャリアだったのだろうということです)

今現在の日本のペット医療では、FIPは、発症すれば治療ができません。
(しかも若いほど症状が悪化しやすい)
 本来、インターフェロンとステロイド剤で対処するしかありませんが
ばくちゃんはそもそも腫瘍でステロイドを使用しています。
 それでも発症したのですから、それだけ抵抗力が弱っていたのでしょうか。
インターフェロンを投与しましたが、すでに食べられず、黄疸症状も出ており
 ヤマかもしれない・・・そんな連絡を受けたのが当日の昼間・・・

誰もが、まさかこんなに早く…なんて思いもしなかったくらい
 あっという間のことでした。



あいにく、兄家の面々(ヒト)は、ふたりとも仕事が詰まっており
 兄は夕方から職場戻り。そして、なんとか先に帰れたのも兄のみ。
ばくちゃんは、それまで待っていたのでしょうか。
 先に帰った兄の膝に乗せられると、それで安心したかのように
  一度だけ呼び名に応えてから、静かなる眠りにつきました。
相方さんは・・・残念ながら間に合いませんでした。
 でも、ひとりでもお見送りすることが出来て良かったです。
お姉ちゃんの ちろたん が、ずっと傍で寄り添ってくれていたそうです。
 "ちろたんの奇跡" は発動しなかったかー…


130712_3.jpg
 2012.12.31_我が家(旧宅)での合宿中のひとコマ
 「ココロ姉ちゃんのお皿の中身の方がいいな…」この時はまだキトンでした



130712_2.jpg
 2013.1.3_我が家(旧宅)での合宿中のひとコマ
 ・・・大好きなちゃー兄ちゃんと・・・



本日、我が家の歴代も眠るペット霊園にて、葬儀を済ませてきました。
 我が家の先代・ルビ同様、ばくちゃんはとてもきれいな姿をしていました。
骨は、まだ成長期だったため、思ったほどの量はありませんでしたが
 長い尻尾の骨はきれいに残りました。(薬の影響は受けていないそうです)
旅立つばくちゃんの手には、兄の希望により
 ちゃー兄ちゃんとのツーショット写真を持たせてあげました。
(添えるのは、花・餌・紙類以外、ダメなのだそうです)

知らせの電話を聞いた時、怖い反面、少しホッとした自分がいます。
それは、もう苦しむことはないから、ばくちゃんにとっては良かったことなのだと。
 最期はルビ同様、静かに…苦しむ姿もなかったそうです。
いっとき のこと以来、覚悟してのことではありますが、よくがんばりました。
 でも、一番の若手が一番に旅立っちゃうだなんて・・・


我が家では、計3回の 合宿 を行いました。
 ちゃー坊とあんなに仲良くなるなんて。(悔しいくらいに・笑)
眠れぬ日、一緒に夜明けの月が沈むのを眺めたりもしました。
2012から13年にかける年越しも我が家で。
合宿中、生まれて初めての 大雪見物 も体験しました。

実は・・・
  引っ越し後の新居にて、合宿を再開する話になっていたのですが
  結局は、その翌日に悪性腫瘍が発覚し、実現は叶いませんでした。
その時の母の口から、意外なひとことが。
「(今回の合宿で)本当にウチの子になる予感がしてた」 と。
まぁ、兄も今さら手放さなかったでしょうけどね^^;


130712_4.jpg

ばくちゃん= 爆丸(ばくまる)、約1歳と4ヶ月。
 ねこの天国では、余すこと無く "爆" のごとく大暴れして良いけれど
あんまりみんなから怒られないようにね( ̄ー ̄;


ご心配、お気遣いをいただいたみなさま、ありがとうございました。
nice!(23)  コメント(24) 

nice! 23

コメント 24

こいちゃん

謹んで心からお悔やみ申し上げます。ばくちゃんのご冥福を祈ります。
本当に一番若い子が、その若さゆえに死に急いでしまいましたね・・・
病気の速度は若い子ほど早い、ヒトサマも猫もそれは変わりませんね
けれど、やっと楽になれたとも言えますね。
先に逝ったみんなと楽しく遊んでいますね。それこそ、息が切れることなく
痛いこともなく。。
ばくちゃん、時々お空から、お家に遊びにいったり、ちゃーちゃんの所に遊びに来てあげてね
by こいちゃん (2013-07-13 08:30) 

knacke

寂しくなっちゃったねぇ・・・。
ばくちゃんは眠るように、それが救いですね。
これからは、姿は目に見えないけど、
でも、みんなのココロの中で、ゲンキで動き回るんだろうな。
もぅ、動き回っているかな。
by knacke (2013-07-13 10:36) 

☆ベル☆

ばくちゃん・・・天国へ旅立ったのですね・・・。

1歳と4ヶ月、まだまだ可愛い姿を見ていたかったと思う反面、もう病気で苦しむことがないんだ・・・という少しホッとした様な気持・・・。

お兄さまの膝に乗って、安心したのでしょうね・・・。
その姿が目に浮かんで涙が止まりませんが、ばくちゃんが天国で楽しく過ごせるようにお祈りさせて下さい。

ばくちゃん、よく頑張りましたね!

ばくちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます・・・。
by ☆ベル☆ (2013-07-13 10:38) 

のらん

ばくちゃん、よくがんばりましたね・・・
お兄さまの帰りを待って、お膝で旅立ったなんて・・・涙が出ます。
天から定められた寿命だとはいえ、すこし早すぎる・・・
でも、みんなの心に幸せの旋風を巻き起こして、逝ったのですね。。。
by のらん (2013-07-13 13:00) 

kontenten

爆丸さんのご冥福をお祈り申し上げます。
1歳4ヶ月、一番可愛い時期ですよね・・・残念です。
by kontenten (2013-07-13 14:26) 

pom405

心より、ご冥福をお祈りします。
残念です。
うちも、まだ小さいから人ごととは思えない。

合宿の記事、楽しみに見ていました。
バクちゃん、ありがとう。
by pom405 (2013-07-13 17:59) 

ニッキー

心よりご冥福をお祈り申し上げます。。。
爆丸ちゃん、お兄様にちゃんと挨拶出来て安心したのかな。。。
虹の橋の向こうできっと今は元気に遊びまわってますね。
by ニッキー (2013-07-13 20:19) 

市丸

腫瘍を抑えることができていただけに残念でなりません。
早すぎます‥
でもお兄様だけでも間に合って本当に良かった。
ばくちゃん、安らかに‥。
by 市丸 (2013-07-13 22:52) 

Ja-Kou66

>こいちゃんさん
兄家の他のニャンコも奇跡の生還を遂げたし
ばくちゃんは若いし体力もあるから…と思っていたのですが
若い方が進行が早いものなのですよね。。
通院も大変だったと思いますが、それだけ尽くしたゆえに
ばくちゃんも楽に旅立てたんじゃないかなぁと思います。
我が家のちゃーも、まだまだ体力持て余していますから
時々は遊びにきてくれた方が…^^;
ありがとうございます。


>knackeしゃん
兄家ニャンズは平均年齢が一気に上がり
シニア世代に戻ってしまいました^^;
まぁ、ばくちゃんのことだから、留まることを知らず
ねこ天国でも走り回っていること間違い無しです。
ありがとうございます。


>☆ベル☆さん
びっくりするくらいに早く旅立ってしまいました(・・、
ただ、腫瘍で呼吸器が圧迫された最期だったとしたら・・・
もっともっと苦しんでいたはず。。
ステロイドの副作用で、心筋梗塞や脳梗塞があるそうなので
もしかしたら、FIPが最も大きなダメージだったと思いますが
最期はその辺りだった可能性もあるみたいです。
ばくちゃん、ホントに一杯がんばりました。
ありがとうございます。
by Ja-Kou66 (2013-07-14 00:11) 

Ja-Kou66

>のらんさん
ありがとうございます。よく耐えてがんばったと思います。
拾った時の状態が悪かったので
その後の成長に影響しているのかもしれないみたいです。
でも、あの時拾われなければそのまま消えていた命かもしれません。
その時点ですでに救われていたのでしょうね。


>kontentenさん
ありがとうございます。
気付けばまだ1年ちょいしか経ってなかったのね〜と思うくらい
インパクトの大きい子でした*^^*


>pom405さん
まだ成長期なのに、可哀想だったなぁと思います。。
キキちゃんも、小さい身体で苦難を乗り越えましたもんね!
もちろんpomさんの努力と愛情があってこそのことだと思います。
キキちゃん、ばくちゃんの分もいっぱい暴れて大きくなってね(笑)
ありがとうございます。


>ニッキーさん
ありがとうございます。
まさに、帰ってすぐだったので
誰か帰ってくるのを待っていたように思います。
きっとあっちでも「ヤバイのがきたぞ」となっていることでしょう^^;


>市丸さん
思ってもいなかったところで突然のことでした・・・
ただ、兄が家に着いて、ばくちゃんを抱っこしながら
帰路の相方さんと電話をしている時に旅立ったそうです。
だから、ふたりの声は聞こえていたのかも^^
ありがとうございます。
by Ja-Kou66 (2013-07-14 00:37) 

hypo

あぁ、ばくちゃんだめでしたか…。
あまりにも残念すぎます……。

by hypo (2013-07-14 06:49) 

Ja-Kou66

>hypoさん
いつかは・・・の状態ではありましたが、腫瘍で圧迫され
呼吸ができなくなる苦しみよりは良かったのかな…と思っています。
ありがとうございます。
by Ja-Kou66 (2013-07-14 23:51) 

hi−ragi

お兄さまの帰りを待っていた様に抱っこされて逝ってしまったんですね。
何かこう駆け抜けた猫生の様に思います。
何度も合宿に来たり、ちょっと時間が空いたら、ちゃーちゃんを忘れたり…
心よりお悔やみ申し上げます…

実は、はくちゃんの去勢の事、踏み切れないままなのは…
もう、更新されてないけど…術後、たった2ヶ月足らずでとの事でした。
http://himeko0627.blog95.fc2.com/blog-entry-245.html
http://himeko0627.blog95.fc2.com/blog-entry-247.html
この病気で亡くなる子達は小さい子が多くて…悲しすぎます。
by hi−ragi (2013-07-15 14:18) 

クローヴ

突然のことで驚いています。
心よりお悔やみ申し上げます。
ばくちゃん、その小さい体でよく頑張りましたね。
うちも同様の経験がありますので、
Ja-Kou66さんはじめお兄様ご家族皆さんのお気持ち、
お察し致します。
ばくちゃんは短い命の運命ではありましたが、
温かな家庭のコとして愛情いっぱいの中で育ちましたね。
ばくちゃん、ネコの天国でもお友達とたくさん遊んでネ。
うちの ま- もいるからね。
by クローヴ (2013-07-15 15:14) 

Ja-Kou66

>hi-ragiさん
最期は先代ルビと重なることが多かったので、季節的にも
あの頃のことが思い出されます…でももう4年も経っていたんだ…
ホント、爆風の如く・・・でした^^;
みんなを巻き込むだけ巻き込んで・・・もう。
ちゃーのことは、一日ウチにいれば思い出していたんじゃないかな。
ありがとうございます。
去勢とFIPの因果関係は分かりませんが、命が関わることですから
ご家族であれば迷うのは当然のことと思います。
完全室内飼いですし、生きる上で必須のことでもありませんし
ご家族で相談して決めるのが一番かと思います^^


>クロ-ヴさん
ホント、突然のことで
何より兄家が一番びっくりしているんじゃないかなぁ…と思います。
まーちゃんのこと、過去記事で拝見させていただきました。
現役の面々も美形さん揃いですが、美しいにゃんこさんでしたね。
リンパ腫は、ヒトにもある病気ですし、もちろん家族ですから
診断された時の気持ちは辛いですよね。。
先に、まーお兄ちゃんがいてくれるから
旅立ちに持たせた、ちゃーのお写真の出番は無さそうですね^^
(韻も似ているし!?)
頼りにしています。ありがとうございます。
by Ja-Kou66 (2013-07-15 23:41) 

sig

ばくちゃん、せっかく腫瘍を克服できるかに見えたのに・・・かわいそうでたまりません。お別れのご挨拶をするまで耐えていたんですね。あー、切ない。
by sig (2013-07-16 01:01) 

土芽

ばくちゃん、安らかに…がんばりましたね。
by 土芽 (2013-07-16 20:42) 

兎猫

まだ若いのに・・・遊びたい盛りに・・・と惜しみつつ、
肺でちゃんと呼吸できていてよかったと、思います。
迎えた日から“いつかは”の覚悟はあっても、あまりに早すぎました。
兄上の腕の中での穏やかな最後だった事に、感謝を。。。
                    合掌(-人-)
by 兎猫 (2013-07-16 23:15) 

マリン

ばくちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
天国で元気一杯走り回っていますように……。
by マリン (2013-07-17 12:23) 

Ja-Kou66

>sigさん
見た目に分からなくても、何があるか分からないものですね。。
ひとりでも間に合って良かったですが、それでも悔しいでしょうね。
ありがとうございます。


>土芽さん
ばくちゃん、いっぱいがんばりました。
ありがとうございます。


>兎猫さん
やんちゃ真っ盛りですからね。
(我が家のちゃーですらまだまだ…)
少し落ち着いた…?なんて言っていたのも
実は病気になっていたからでした…。。
ちゃーとももっと遊ばせてあげたかったですー
ありがとうございます。


>マリンさん
ありがとうございます。
もしかしたら、すでに
"見えないうしろ"で走り回っているかもしれない・・・^^;
by Ja-Kou66 (2013-07-17 22:35) 

OMOOMO

ココに来てこの記事に出会おうとは思ってませんでした。
だってまだまだ若い1歳4カ月、惜しくてなりません。
爆丸ちゃん、お兄さんの腕の中だったのですね。
かなしい事、生きてるうちにはあるんですね。言葉が
ありませんが、みんなで乗り越えられますよう。
by OMOOMO (2013-07-19 03:36) 

Ja-Kou66

>OMOOMOさん
急だったのでびっくりさせてしまいましたね^^;
昨晩は、ちゃーと一緒に寝ている時の小さい夏マットを見て
「ああ、ここで母子のように寝ていたなぁ…」なんて思っちゃいました。
いつかはある別れだとしても、この早さは悔しいですね。
間に3連休があってまだ良かったのかな…。ありがとうございます。
by Ja-Kou66 (2013-07-20 14:39) 

どるふぃん

1歳4ヵ月、早すぎです。。。悔しいですね。
もっと医療が進んでくれたらと、いつも思います。。。
でも、薬と病気にこれからは苦しまなくていいですね。
きっと虹の橋で飛び回っているんでしょうね。
爆丸ちゃん、たまにはちゃーちゃんのとこに遊びに来てあげてね^^
ご冥福をお祈りいたします。
by どるふぃん (2013-07-23 15:26) 

Ja-Kou66

>どるふぃんさん
ペットでもヒトでもそうですが
「これが治療できる病気なら良いのにな〜」と思うことがあります。
それが本来の自然な姿ではないとしても、やっぱり命は
健やかに全うしてほしいですよね。
ちゃーは・・・パワーを持て余してマーロをいじめるんです^^;
ばくちゃん、「女子をいじめるなー」って怒りにきてー!(笑)
ありがとうございます^^
by Ja-Kou66 (2013-07-23 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。