So-net無料ブログ作成

コントラスト

先月、久々の面々のライブを見に行ってきました。

120601_2.jpg
仰せつかって、にわかカメラマン。…周囲から見ればコアなファン…?


出番まで結構な時間があったため、事前に 【つばめグリル】 にて
 がっつぃり 「つばめ風ハンブルグステーキ」 で
お腹も心も、本日終了!くらいに満たしてから向かいました。
 ずっと行ってみたかったお店ですが、肉もおじゃがもヴォリューム満点!
ご飯の量がすごい…と聞いたので、自分もパンにしてみましたが
 3つ切れ目の入った分厚いフランスパンがどどーん!
ドイツというよりは…アメリカン?…な印象でした( ̄ー ̄;
 気に入ったのは、ビールの品揃えがなかなかに充実しているところ♪
春季&数量限定のドイツビール 「アインベッカー(Mai-Ur-Bock)」 をいただきました。

120601_1.jpg(配色バランスが…)
金環日食のあの日、デイリー使いのコンデジが壊れました…(壊しました)
 よってこの日前後は、機嫌が悪くなると撮影できなくなる旧機
そして、普段あまり使用することのない すまほきゃめら↑ を使っています。



この日は、昼間に用事をいくつか済ませました。
 その後は、新車のお披露目のため親父さんホームを訪問し
体調も良かったようなので、そのまま車で近所のコンビニまで連れ出しました。
(お買い物好きなので、お菓子をこまこまと購入していました)

これから身内のライブを見に行く旨を伝えると
 親父さんは 「一緒に行こうかな…?」 と
コブシを振り上げていました。ノリノリかよ!?^^

ライブ自体はなかなかのすばらしい盛り上がり〜♪で
 とても楽しいひとときでした。

120601_3.jpg
今回は珍しく "マジ路線" ということでしたが
 しっかりいつもの仕込みもあって、安心しました。



*-*-*-*-*-*-*-*

オープン後、我が家から見えずにいたスカイツリーのライトアップ。
…まさかとは思いましたが…
案の定、単にライトアップが "淡過ぎて" 見え難いだけだったようです…。
(東京タワー & 市内の観覧車 が派手派手ですからね)

ライトアップは2種類 あり、日替わりとなっています。
(【粋】…淡いブルー、【雅】…淡いパープル)

120601_4.jpg(クリックで拡大表示されます)
5月27日夜、この日は【粋】(のはず)。

120601_5.jpg(クリックで拡大表示されます)
5月28日夜、この日は【雅】(のはず)。

・・・ち、違いが・・・^^;

心柱が淡く灯る程度のようで、このくらい距離を空けてしまえば
 結局はどちらも、昨年末 の「先行(一部)ライトアップ」 とも
何ら変わらない見栄えのようです…


ついでに・・・
懲りずに、28日の月!^^

120601_6.jpg(クリックで拡大表示されます)

次回 【天体ショー(月編)】 ^^
6/4(月)に、3分の1が欠ける 「部分月食」 が見られるそうですよ〜
18:59~21:07(最大食/20:03)

学生の頃、「月食と通常の満ち欠けとの違い」 について
 おベンキョーしたことを覚えていますか?
(…ワタシは全く記憶にゴザイマセン…)

通常の満ち欠けの月は、「月自身の影」
 "地球" という回る乗り物より様々な角度から見た、太陽が当たっていない部分の影

月食の満ち欠けの月は、「地球の影」
 月(望/満月)→ 地球 → 太陽 がほぼ直線状に並んだ状態のため、地球の影が映る

 ちなみに 「日食」 は、地球 → 月(朔/新月)→ 太陽
 *「朔」 は、月面が太陽に全て覆われて影となるため通常は見えない/日食時のみ輪郭が見える

とはいえ、上記の条件ならば常に見えるという訳ではなく
(太陽・月が黄道・白道の交わる点(月の昇交点・降交点)付近にいる時に限られる/wiki参照)
月食は年に1〜3回ほど、日食は年に2〜5回、月食の方が発生頻度が低いそうです。

影のつき方にも違いがあり
 月食時の 「地球の影」 は、地球を覆う大気(空気)の影響により
通常の満ち欠け時の 「月の影」 に比べ、輪郭がぼんやりして
 カーブもより緩やかなのだそうです。

奥が深いですなぁ・・・
 というか、やっぱり記憶は片隅にもなかったぞ・・・( ̄ー ̄;
・・・ホントに勉強したのかな〜(記憶が太古すぎるという噂も…)


金環日食を皮切りに、今年は天体の当たり年ということで
 自分同様、初めて興味を持つ方も増えたでしょうし
今まで知らなかったことを知り得ることもできるこの機会。
 今後も、見られる範囲内で楽しみたいと思っています^^
nice!(18)  コメント(12)