So-net無料ブログ作成

冬のアート鑑賞

ムンク展@東京都美術館に行ってきました。

181218_01.jpg
美術鑑賞は、なかなか腰が上がりません。
 しかし今回は 《叫び》 の初来日。
(今回の開催にたどり着くまでにも
 相当時間を要したらしいです)

恐らくもう、一生観ることもないだろうし
 この機会に、どうしても観ておきたいと
  思っていました。
(開催期間は来月20日まで)

個人的には "二度目まして"。 久々の再会でもあったからです。
 今のこの期間にオスロ美術館行った方はおいたわしや・・・-_-;

国内の美術館はほぼ撮影禁止ですので・・・
 昔の写真を引っ張り出してみました。

181218_02.jpg

オスロ国立美術館(NASJONALGALLERIET OSLO)にて。
 なんと、今から21年前!!!
当時はこんな感じで展示されていましたが
 現在の HP を見ると、壁紙とか、絵の配置が変わっているようです。

181218_03.jpg
(とても空いていた記憶があります・・・)


今回行ったのは金曜日、それほどの混雑もありませんでした。
 館内のチケット売り場はそこそこの混雑でしたが、自分は公園入り口の
案内所で当日券を買って行ったため、並ぶことなく入場しました。

ただし、《叫び》 のところだけ列があり、ここでは立ち止まらず見るよう
 規制がありました。シャンシャンと一緒だ・・・。

今回の展示は、ムンク氏の絵画と写真作品100点の展示。
 彼はキテレツな絵を描くイメージでしたが
ちゃんと描いたらすごい上手いんだということを知りました^^;
 そして意外にも、若いうち(20歳頃)から評価されている
画家さんだったようで、稀にみる逸材だったんだなと思いました。
(大抵は、死後有名になるイメージが・・・)
自撮り写真も、彼が最初の発信者だったという話も!?

《叫び》 の前では、心の中で 「お久しぶりです!」 とご挨拶しました(u_u*



ランチは、美術館内のレストランでとりました。
 せっかくの機会なので、上野精養軒に行こうかと思っていたのですが
館内にも入っていたので、そこで済ませることにしました。

気になったのが、開催記念特別メニューのお酒。

181218_04.jpg
イタリアの "Fiore dell Amore Blanc de Blancs" というスパークリングワイン。

『男性が女性に夕食に招かれた際、花束と1本のワインを持参する』という
ヨーロッパの風習をひとつにした、という一品。
 ボトルを逆さまにすると、まるで花束のようです。
  ゆえに、文字も逆さまに書いてありました。
あまりべたつきを感じない、ライトなお酒でした。

ボトルの写真を撮らせていただいたのですが、裏面を見ると
『輸入元:明治屋』とあり、そのすぐ後日、たまたま地元の
明治屋の酒コーナーで売られているのを見かけ 「ああ!」 と思い出しました。
なかなかのお手頃価格で売られていました・・・(。-_-。)
(ゲンカサンバイノホーソク・・・)

181218_05.jpg


お食事も、ムンク展とのコラボメニュー。
『ムンクの叫びに見立て・・・』 のところの
意味が、最後まで分からずじまいでしたが
 ノルウェーサーモンと
  ノルウェー繋がりってことね、と納得。

最近、焼いた鮭があまり得意でないのですが・・・
 そして、マヨネースもあまり得意ではなく・・・
それでも、おいしくいただきました。
 平日昼間という贅沢。満足。



*-*-*-*-*-*-*-*

お腹を満たした後は、2番目の目的。
 以前に友人から聞いていた、「旧・博物館動物園駅」 の話。
東京都美術館のすぐ裏手、芸大のすぐ近くにあります。
 旧駅前の通りは、谷中散策時にもよく歩いていましたが、扉は閉ざされたまま。
ところが、「今は期間限定で一般公開しているみたいだよ!」 と。
 ぜひとも見てみたいと思っていました。

181218_06.jpg開かれた扉が見えます!

以前母から、「かつてそういう駅があった」 という話は耳にしていたのですが
 旧駅として意識したことはありませんでした。

【MEMO】
かつて、京成電鉄の京成上野駅と日暮里駅の間には 『博物館動物園』 という
駅がありました。しかし、安全面の問題(ホームの短さ)、利用客の減少
老朽化などの要因により、1997年に休止、2004年に廃止されました。
今年4月、鉄道施設初の 「東京都選定歴史的建造物」 に選定され
その後は東京芸大と協力し改修・保存工事を進めているそうです。
(建物建設は昭和8年、設計者不詳)


・・・まさに、わたしが 《叫び》 を観ている年ではないか・・・

181218_07.jpg(・・・奥に何かいる??)

規制されており、中に立ち入ることはできません。
 入り口にいらした関係者の方によれば、「整理券は配布終了しました〜!」
・・・なぬ??

いただいたチラシによれば、どうも
 芸大とのコラボによるアートスペースとしての
 ガイドツアーを開催している・・・という話だったようです。
人数にも制限があり、いつもその日の整理券(無料)は
 AM10時から配布を開始し、30分くらいで配り終えてしまうそうです。

・・・ええ、ただ駅舎を見たかっただけなのに・・・。
そういうことなら別にいっか。と思い諦めました。ちょっと残念。

181218_08.jpg

・・・ウサギさん?
 ここまでは見えます。


ちゅどーん!と上から堕ちてきた感じ??
・・・と思っていましたが、どうやら

「巨大なアナウサギが、穴を掘って
  地中へ潜ろうとしている」

・・・ところらしい^^;

181218_09.jpg


アナウサギを追いかけて
期 間: 2018/11/23〜2019/2/24の、金・土・日曜日のみ開館
    (※12/28〜30を除く)
時 間: 11〜16時(最終入場は閉館の30分前まで・定員入替制)
入場料: 無料

ご興味のある方はドウゾー♪ ゝ( ゜∀゜)ノ


*-*-*-*-*-*-*-*

ムンクの絵を観にオスロ美術館に行った頃は、何の意識もないまま
 観ていたようですが(=あまり記憶も残っておらず・・・)
こうやって今、いい歳になってから、作者のひととなりや人生を通して観れば
 若い頃には理解できなかった心の多面性などを感じることもでき
まぁ〜美術鑑賞なんてのは結局、
 いい歳してから始めるものなんだな〜なんて実感しました(笑)

181218_10.jpg

お次の鑑賞はクリムトさんですかね?


これ、我が家のクリムト作品。(結構大きいです)

181218_11.jpg
(※手前のはチガウ。)

これは、若かりし頃、とある会社採用面接の帰りに
 ふと目に止まり、キラキラ具合に惹かれ衝動買いしたもの。(もちろん印刷モノ)
ちなみに、ムンク氏とクリムト氏、2人はほぼ同世代のようです。
nice!(25)  コメント(8)